神戸新聞杯

菊花賞へ向けたトライアルレースでもある神戸新聞杯の枠順・レース結果・動画をまとめています

[PR] スポンサードリンク

うまコラボ

2013年 第61回神戸新聞杯 レース後のコメント

   

阪神11Rの神戸新聞杯(3歳GII・芝2400m)は、1番人気エピファネイア(福永祐一騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分24秒8。2馬身半差の2着に7番人気マジェスティハーツが、3/4馬身差の3着に2番人気サトノノブレスがそれぞれ入線。

エピファネイアは栗東・角居勝彦厩舎の3歳牡馬で、父シンボリクリスエス、母シーザリオ(母の父スペシャルウィーク)。通算成績は7戦4勝となった。

【2013年 神戸新聞杯 レース後のコメント】
1着 エピファネイア 福永祐一騎手
「め ちゃめちゃ嬉しいです。やっと乗りこなすことができました。牧場や厩舎スタッフが張るの敗戦を踏まえて、最大限の努力をしている姿を見ているので、その思 いに応えたいと思っていました。スタートはゆっくり出さずに普通に出して、その上で折り合いをつけようと考えていました。外目のいつでも動ける位置で、リ ラックスして走らせることができました。コミュニケーションもしっかりとれていました。勝ったことよりも、しっかり折り合えたことが嬉しいです。次はどの レースに向かうかわかりませんが、依頼を受けたらベストを尽くしたいです」

2着 マジェスティハーツ 松永昌博調教師
「あんなに後ろからとは思いませんでした。追い出す前から内にモタれ気味でしたが、菊花賞が楽しみになりました」

3着 サトノノブレス 岩田康誠騎手
「直線で前が開きましたが、もう少し切れ味が欲しいです」

4着 アクションスター 秋山真一郎騎手
「相手はエピファネイア1頭だと思っていましたし、作戦通りに運べたのですが......」

5着 タマモベストプレイ 和田竜二騎手
「スタートもよく、思ったところで競馬ができました。手応えの割に伸び切れなかったのは久々のせいでしょうか。次が楽しみです」

[PR] スポンサードリンク

うまコラボ

 - 神戸新聞杯 , , , ,