神戸新聞杯

菊花賞へ向けたトライアルレースでもある神戸新聞杯の枠順・レース結果・動画をまとめています

[PR] スポンサードリンク

うまコラボ

コースの特徴

神戸新聞杯 コースの特徴

スタート地点は芝2000mと同じ、正面スタンド前直線右寄りのところ。そこから外回りコースを使用して、グルリと一周強回る。最後の直線距離はAコース時が473.6m、Bコース時が476.3m。直線半ばまで下りが続き、残り200m付近でゴール前の急坂。約120mの間に1.8mの勾配を一気に駆け上がる。AコースとBコースでは直線部分で3m、曲線部分で4m幅員が違う。主にAコースは開催前半、Bコースは開催後半に使用されている。ゴール前に急坂があるものの、中山芝2500mとは違うラップになる。

全体的に直線部分が長いため、ラスト3ハロンで急激にペースアップする。スタート後の9ハロンは準OPクラス以上でもあまりペースは上がらない。京都の瞬発力比べと質は少し違うが、決め手の優劣がそのまま勝敗に直結する。

【有利な脚質と枠順】
差し馬が有利。逃げ馬にとっては小細工がしにくいコースで、純粋に能力が高い馬でないと最後まで残すのは厳しい。重賞は神戸新聞杯のみ施行。この時は馬場がいいため、平均勝ち時計はかなり速くなっている。枠順傾向は外が不利。多頭数なるケースは少ないが、10番ゲートより外の成績は落ちる。

【種牡馬成績】
ダンスインザダークがトップ。以下、グラスワンダー、キングカメハメハ、シンボリクリスエスと、現役時代、日本で芝2400m以上のG1で活躍した馬の仔が強い。ただし、ジャングルポケット、スペシャルウィークはひと息。

【クラス別水準ラップ(3F-3F-3F-3F)と勝ち時計】
2歳OP特別・重賞(─)
3歳以上500万(37.0-38.9-38.0-35.2=2.29.1)
3歳以上1000万(37.7-38.4-37.8-34.9=2.28.8)
3歳以上準OP・OP特別(36.9-37.5-37.5-35.6=2.27.5)
3歳以上重賞(36.3-36.9-36.9-34.9=2.25.0)

[PR] スポンサードリンク

うまコラボ

公開日: